施工事例

非常用設備は、24時間365日、常に運転待機状態にあり、作動時間に関らず設備の劣化は進行しています。

 

​非常用発電機は不慮の停電時に確実に作動し、その目的に給電して生命と財産を守る事にあります。

イザという時の為に、自家発電専門技術者による、定期的な点検整備の実施が必要なのです。

非常用発電設備・ポンプ駆動・排煙機駆動機関の消防点検・修

1/3
1/3

オイル・フィルタ等消耗品の交換・機関本体及び機能部品

(冷却水ポンプ・燃料噴射ポンプ・ターボチャージャー・ラジエーター等)整備

オーバーホール、配管・水槽修理/製作等

​≪一部メーカー・型式によっては部品供給が困難な場合があります。先ずはお問い合わせください。≫